よもぎ蒸し.com
  • カート
  • ブログ

よもぎ蒸しとは

  1. ホーム
  2. よもぎ蒸しとは

よもぎ蒸しとは?

漢方薬を煎じたスチームを膣や肛門から粘膜吸収させることにより骨盤内の流れをよくし下半身を温かくする韓国で伝統的な民間療法の一つです。人体には360余りの経穴がありますが、その中でも最も大切な経穴中の一つである「会陰」を刺激し人体の陰陽のバランスを整えてくれると言われています。血行が促進され、冷えを取り免疫力を高めることで健康の手助けをしてくれます。

効果・効能

01婦人病に

強い坑菌力で婦人病に効果的です。黄土よもぎ蒸しにより皮下深層まで温度を上昇させ、毛細血管拡張、血行促進、老廃物排出、臭いを除去して細菌による女性の膣炎、おりもの、子宮と卵巣に起きる婦人病等を予防します。
また、血行が良くなることにより生理痛、腰痛などの緩和にも良いです。

02肛門疾患に

痔をはじめとする肛門疾患に効果的です。便秘などが原因になって現れる痔、肛門に関する病気に対しても黄土よもぎ蒸しにより肛門奥深くまで発汗を促進させて痔など肛門疾患の改善および予防に良いです。
男性の前立腺疾患、慢性疲労などにも効果的です。

03美容

美肌効果があります。女性の皮膚は五臓六腑だけでなく子宮や卵巣という女性器官と密接な関係があります。子宮と卵巣の状態が良くなければ顔にニキビやじんましんなど皮膚トラブルが現れます。
黄土よもぎ蒸しにより微細血管まで血液循環を促進して、皮膚に栄養素供給を円滑にすることによってシミ、ソバカス、荒れた肌を緩和させて皮膚老化を遅延させます。

04ぽっこりお腹に

下腹部肥満を解決してくれます。多くの中年女性の悩みである下腹部肥満は、腹膜の中に老廃物や脂肪がたまって腹部が膨らんでしまった状態ですが、このような場合にも黄土よもぎ蒸しにより下腹部の血液循環と代謝機能を高めて内臓機能を活性化し、宿便およびガスの除去、下痢、便秘に効果があります。

05妊活

不妊症に効果的です。卵巣と子宮などに炎症、女性ホルモンの異常な分泌のような女性器官の問題が原因となって不妊症だと判断された場合に効果的です。黄土よもぎ蒸しを粘り強く続け、発汗を促進して新陳代謝を円滑にすることによって、女性ホルモンの正常な分泌を助けて子宮を元気にして閉経期延長と不妊および不感症を効果的に改善させます。

06産後の回復に

出産後の性的な不満を解消します。子供を出産するために拡張された膣筋肉が出産後回復せず、性生活に不満を抱いている女性が多いといいます。
粘り強く黄土よもぎ蒸しを続けると、細胞を活性化し膣の収縮効果を高めることによって元気で幸せな女性で生まれ変わります。また、産後の女性には創傷の迅速な回復と身体の原状回復に高い効果があります。

07ダイエット

贅肉を取る効果があります。運動不足で汗を流さない現代人は、老廃物が体内に蓄積されて排泄機能(腎臓)が低下し、ストレスで肝機能も衰えます。
黄土よもぎ蒸しにより新陳代謝を円滑にして腎臓および肝臓の機低下を防止し、リン成分を含んだ漢方剤を使って、簡単に落とすのが難しい贅肉を取るのにも効果があります。

よもぎ蒸しの主な効果・効能

  • 婦人科系機能の向上
    (生理痛、子宮疾患・卵巣疾患・更年期障害等)
  • ダイエット
  • アンチエイジング
  • 美肌(くすみ・美白・にきび)
  • 肝臓系疾患(慢性疲労・肝機能の改善、二日酔いの改善)
  • アレルギー疾患(花粉症・鼻炎・アトピー等)
  • 前立腺・肛門疾患
  • 不眠症の改善
  • ストレス解消・無気力症の解消

黄土韓方蒸しとGe(ゲルマニウム)韓方蒸しの違い

黄土

黄土韓方蒸し

環境汚染とストレスに苦しむ現代人にとって黄土は健康を象徴する土です。黄土のもっとも根本的な効能は、黄土から大量に発生する遠赤外線です。
遠赤外線は、新陳代謝と血液循環を促がし、皮膚の老化を促進する過酸化水素を体外に排出する助けをします。
そんな黄土から作られた座器で加温すると遠赤外線が多量に放射され、体を芯から温めてくれます。

ゲルマニウム

Ge黄土韓方蒸し

Ge黄土韓方蒸しの座器と壷は、神秘の元素Ge(ゲルマニウム)を粉砕し黄土に混ぜ焼き上げているため、熱伝導率に優れ体の芯まで温まりやすくなっています。
座浴器のスチームの穴は、女性にとって大切な任脈の部分によりたくさんのスチームがあたるよう自転車のサドル状になっています。
またGe黄土座浴器の座面は、座ると体に優しく沿うよう人間工学的に工夫した形状になっています。

黄土韓方蒸し/Ge韓方蒸しの座り方

  • aaa
  • aaa
  • aaa
  • aaa
  • aaa
  • aaa
  • aaa
  • ご使用上のご注意

    ●大量の汗をかきますので脱水症状にならないよう水分補給はこまめにお願いします。

    ●体勢を変える時は、汗で滑らないよう気をつけて下さい。

    ●終了後、立ちくらみやめまいがする方もいらっしゃいますので、貧血などの方は特に気をつけて立ち上がって下さい。

こんな座り方も

  • aaa
  • aaa
  • aaa
    • aaa
    • aaa